現場に出ることが多い社員にとってはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は非常に利便性に優れており、最も最適なアイテムと言えます。ただその一方、紛失、盗難、悪用などのリスクもあるため、企業でモバイルデバイス端末を導入する場合、それらのリスクに関する端末管理が重要になってきます。
多くのモバイルデバイス端末を導入している企業でmdmの導入事例が増えてきています。
多くの企業では既存で使っているキャリアを変更せずに、スマホやタブレットなどを導入したいと考えています。そこでマルチデバイスに対応したmdmツールを導入することによって、iOSやandroid、Windowsなど様々なマルチデバイスのモバイルデバイス端末を一括して管理することができるので、業務効率アップにつながります。mdm導入事例では、mdmを導入することでサーバ設備などの初期費用を抑えることができると評判になっています。
自社でサーバーを運用するとなると、限界があるため、コスト的にも負担的にもmdmを導入した方がやりやすいです。

mdm製品は国内外を通して数十種類はあるので、企業としてどのmdmを選べばよいのか悩んでしまう…という声をよく聞きます。
mdm製品にはそれぞれ製品の特徴があるため、その違いを比較し、どの機能を重視して選ぶかどうかを考えるとよいでしょう。
比較する大切なポイントとして、サービスの拡張性、利用の高度化に柔軟にそして幅広く対応できるmdm製品かどうかという点があります。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業で導入した時には必要でなかった機能があったとします。
しかし時間の経過とともに、モバイルデバイス端末導入時の要件定義からその利用用途が変わってしまう場合があるでしょう。
このような場合に、機能の追加が簡単にできるかどうか?という点は比較する点として非常に大切です。
多くの企業はコスト面を考えて必要最低限の機能だけで十分と考えがちです。
しかしモバイルデバイス端末の利活用が進むと、アプリやコンテンツの管理などが必要になるケースは多く、新しい機能が必要になる場合は多いです。

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業で導入した場合、社外へ持ち運ぶことが大前提となります。
そのため会社にあるパソコンや電話などとは違い、紛失や盗難のリスクに常にさらされている状態になります。
そこで企業でモバイルデバイス端末を導入する場合、しっかりとしたモバイルデバイス端末管理が必要になるのです。
モバイルデバイス端末管理のツールとして有名なのがmdmです。
mdmは提供する会社によって対応できる機種やデバイス、機能などに違いがあります。
しかし基本的なmdmの機能はどこのメーカーでもほとんど同じです。
基本的なモバイルデバイス端末管理の機能の1つが、紛失時のリモートロックです。
端末を紛失したり、盗難されたりして、手元にモバイルデバイス端末が見当たらない時には、情報漏えいを防ぐために、端末管理者が操作をロックしてしまうのです。
mdmからリモートロックをかけてしまうと、ロック画面では操作できなくなります。
またロックした画面に電話番号などを表示することもできるため、万が一紛失した時も端末が発見する可能性が高くなるのです。リモートロック

mdmとはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の管理のことであり、Mobile Device Managementの略になります。Mdmではリモート操作によって複数のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括で管理することが可能です。
企業でモバイルデバイス端末を導入するということは業務でスマートフォンやタブレット端末を使用することになります。顧客の個人情報などのデータが存在するスマートでアビス端末はきちんとした管理下で利用しなければ個人情報や企業の機密情報などが第三者に漏えいしてしまう恐れがあるのです。
万が一個人情報や企業の機密情報が漏えいしてしまった場合、企業の信用を著しく失ったり、企業の信頼に影響したりします。また金銭的にも大きなダメージを負う場合もあるため、きちんとしたセキュリティ対策を取る必要があるのです。
モバイルデバイス端末は小さく持ち運びしやすいモバイル端末になるので、紛失や盗難のリスクは誰にでもあるということを覚えておくとよいでしょう。www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末の発展で、従業員が私物のスマートデバイス端末を業務で使用する機会も増えてきています。私物のスマートデバイス端末を業務で使う場合には、様々な対応が必要になります。そこでmdmツールの出番です。Mdmはモバイルデバイス管理システムのツールであり、従業員が個別に管理しているスマートデバイス端末を一括で管理して、スマートデバイス端末に対してセキュリティを強化していくシステムになります。
取り扱う情報量が増えている現代ではこのmdmツールは必須とも言われており強固なセキュリティ対策を確保するためには欠かせません。
Mdmツールには様々な機能がありますが、セキュリティ面の機能として基本となるのがリモートロックシステムです。Mdmで最も重要な機能となってくるのが盗難、紛失への対応です。スマートデバイス端末には重要な情報がたくさん入っていて、顧客の名前、連絡先などの個人情報が含まれる場合も多いです。それらの情報を守るためにmdmツールで管理していくのです。Mobile Device Managementとは

ビジネスの効率を高めるために企業ではスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末の導入が進められています。ビジネスにおいて欠かせない存在となっているスマートデバイス端末ですが、企業で一括して導入する場合、その管理体制が重要になってきます。
スマートデバイス端末を企業で導入する上で、使用者の私的使用は重要な問題となってしまいます。業務中のネットの私的使用を抑制するためにはmdmツールでのwebサイトなどフィルタリングでブロック設定する必要があります。スマートデバイス端末のウイルス感染や不正アクセスはウェブの脅威になります。
スマートデバイスの私的利用による情報漏えいリスクが高まるのも事実であり、不適切なウェブ閲覧によって生産性が低下することも懸念材料でしょう。業務に不適切なwebサイトへの閲覧を制限する設定を行うことで、業務以外の使用をある程度制限することができます。またキャッシュや履歴など重要な情報を端末に残さないようにするための設定、管理も可能となっています。www.ascentnet.co.jp

小学校や中学校など義務教育機関でのタブレットなどのスマートデバイス端末を導入したICT教育が進んでいます。同じ教育機関でも各小学校、中学校によって使用するアプリケーションは自治体によって異なります。まりそれぞれの学校現場にあった自立したタブレット端末の運用が必要となってきます。そのためにはmdmツールを用いて一元管理できる環境を整えておくことが重要なのです。それぞれの学校現場にあった自立したタブレット運用には現場の教員の負担を減らすことが重要になりますし、スマートなICT運用をキーワードに掲げている現場も多いです。無駄な機能を生徒に使用させないようにするためにはmdmによる管理が必要でありますし、大型のタブレット導入では効率化を図るためにmdmの利用は必須となっています。Mdmと一言でいっても様々な製品があり、その機能や特徴には違いがあります。教育機関それぞれにあったmdm製品を選ぶことが重要です。参照URL

知り合いのビジネスマンがこぼしていました。「一人じゃ手が回らない、個人的な秘書がいてくれて、スケジュール管理をしてくれればそれだけでも自分は効率的に仕事ができるはずだ・・」と。

そのビジネスマンですが、仕事ぶりはわかりませんが^^性格的にはちょっと、とっ散らかっています^^やりたいことはいっぱい。いる気もいっぱい。だけど何がどこにあるのかすぐにわからない、やるべきことの優先順位などがきちんと決められていないため、私から見ても「大変だろうな~。たしかにスケジュール管理だけでもやってくれる人がいれば、無駄な動きなくこの人は営業に回れるんだろうな~。」と思ってしまいます^^

でも、実際にそんな個人秘書的なシステムがあるんですよね。SFAのなかに。しかも近頃のものにはAIが搭載されているので、その確度の高さは人間の頭よりもきっと上のはず。知り合いのビジネスマンにもこういったSFAの活用を進めてはみましたが・・。きっと入力作業の時点で音を上げそうです^^

グループウェア機能

スマートデバイスやタブレットなどスマートデバイス端末全てのアプリ管理は非常に大変です。そこでmdmで一元管理することでアプリの配布、管理なども円滑に行うことができるのです。セキュアなネットワークを確保するために欠かせないVPN設定に関してもmdmツールを用いることで対象アプリのVPN設定が可能となります。VPNはセキュアなネットワークを確保するためにはよりよい設定なのですが、VPNを使いたい時と使いたくない時とでは切り替え作業が必要になり、そのことが手間になることも。
しかしmdmツールによって対象アプリのVPN設定を行えば、VPN接続の必要なアプリが起動したタイミングで自動的にVPNが有効化され、その都度設定する手間を省くことができ、効率よく運用が可能になります。
また管理対象アプリの設定、配布ができるのもmdmの魅力の1つ。端末1つ1つにアプリの設定が必要な場合には、アプリの設定値を配布することでキッティングなどの効率化を実現することができます。mdmとは

オフィスや学校で、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を効率よく利用するためにmdmツールには様々な機能が付いています。つまりmdmツールを利用してスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一元管理することで、管理、運用の効率化を図っていくのです。オフィスや学校で利用するための設定をしたり、業務や学習で利用するためのアプリケーションのインストールやアップデートをしたりするなど、導入したモバイルデバイス端末がしっかりと活用するための管理、運用は、企業の管理者が一人で行っていると非常に大きな負担となってしまいます。そこでmdmツールをうまく活用することで、遠隔操作で大量のモバイルデバイス端末に一括で設定することができますし、アプリケーションを配信、適用することができるので、IT管理者の負担を軽減することができます。
さらにmdmツールを利用して一元管理をすることで管理者が一括して管理をするよりも、管理、運用にかかわるコストを大幅に減らすことができます。Mobile Device Managementとは