iPadやiPhoneなどスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業で導入する事例は近年急増しています。
管理のしやすさからiOSのみを採用するという企業も多いです。
今回はiOSのみのモバイルデバイス端末に限定した場合のmdm選びのポイントについてまとめてみます。iOSのモバイルデバイス端末を管理するmdmはどのような点を比較して選べばよいのでしょうか?
まず重要になってくるのかが、何を管理したいのか?を明確にしておくことです。
これだけは絶対に管理したいという点は企業によって異なります。絶対に管理しておきたい!というポイントは押さえておくようにしましょう。
例えば、アプリのインストールを制限したい、配布したiPhoneやiPadの使用状況ををチェックしたい、紛失、盗難時にリモートロックやリモートワイプ機能で情報を守りたい、GPS機能で探せるようにした、アップデートは強制的に実行させたい、特定のアプリは消去できないようにしたいなどそれぞれこだわるポイントは違うでしょう。
この点をしっかりと明確にしておくことでmdmを比較しやすくなります。

パソコンのセキュリティ対策はしっかり行っているものの、スマートフォンのセキュリティ対策については考えが甘いという人も多いでしょう。
しかしスマートフォンでもしっかりとしたセキュリティ対策が必要になってきます。
特に企業でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入して、業務に利用する場合はしっかりとしたセキュリティ対策を行う必要があります。
スマートフォンを狙う攻撃はたくさんあり、被害にあうとたくさんの不利益が生じてしまいます。
スマートフォンを安全に使うためにもmdmなどの管理ツールなどでしっかりとセキュリティを強化していくとよいでしょう。
スマホのセキュリティを意識されない方が多いですが、スマホもパソコンと同様、ネットを利用するのでウイルス感染などの危険性が高いです。スマホ利用時に起こり得る脅威としては不正アプリなどがあります。スマホを利用する時にはしっかりとセキュリティ対策を行うようにしましょう。

bring your own deviceはbyodと略されることもあり、社員がプライベートで使用しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を仕事でも使用するすることを意味します。
海外では、個人のスマートフォンやタブレット端末を利用したbring your own deviceは活用されており、日本では海外に比べるとまだまだそれほど浸透していないという現状があります。
予算が少なく非正規雇用の現場や企業においてはbring your own deviceが活用される場面も多くあります。特に現実にコストカットを考える場合、すでに存在している資産である各自がもつスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務利用するbring your own deviceのメリットは大きいと言えます。
bring your own deviceでは普段私生活で使用しているモバイルデバイス端末を業務利用するわけで、個人端末としての利用と企業としての端末業務利用の線引きが絶対条件となります。
もしも企業側が来ていを作らずに黙認してしまうと、業務効率アップにはつながりません。

現場に出ることが多い社員にとってはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は非常に利便性に優れており、最も最適なアイテムと言えます。ただその一方、紛失、盗難、悪用などのリスクもあるため、企業でモバイルデバイス端末を導入する場合、それらのリスクに関する端末管理が重要になってきます。
多くのモバイルデバイス端末を導入している企業でmdmの導入事例が増えてきています。
多くの企業では既存で使っているキャリアを変更せずに、スマホやタブレットなどを導入したいと考えています。そこでマルチデバイスに対応したmdmツールを導入することによって、iOSやandroid、Windowsなど様々なマルチデバイスのモバイルデバイス端末を一括して管理することができるので、業務効率アップにつながります。mdm導入事例では、mdmを導入することでサーバ設備などの初期費用を抑えることができると評判になっています。
自社でサーバーを運用するとなると、限界があるため、コスト的にも負担的にもmdmを導入した方がやりやすいです。

mdm製品は国内外を通して数十種類はあるので、企業としてどのmdmを選べばよいのか悩んでしまう…という声をよく聞きます。
mdm製品にはそれぞれ製品の特徴があるため、その違いを比較し、どの機能を重視して選ぶかどうかを考えるとよいでしょう。
比較する大切なポイントとして、サービスの拡張性、利用の高度化に柔軟にそして幅広く対応できるmdm製品かどうかという点があります。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業で導入した時には必要でなかった機能があったとします。
しかし時間の経過とともに、モバイルデバイス端末導入時の要件定義からその利用用途が変わってしまう場合があるでしょう。
このような場合に、機能の追加が簡単にできるかどうか?という点は比較する点として非常に大切です。
多くの企業はコスト面を考えて必要最低限の機能だけで十分と考えがちです。
しかしモバイルデバイス端末の利活用が進むと、アプリやコンテンツの管理などが必要になるケースは多く、新しい機能が必要になる場合は多いです。

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業で導入した場合、社外へ持ち運ぶことが大前提となります。
そのため会社にあるパソコンや電話などとは違い、紛失や盗難のリスクに常にさらされている状態になります。
そこで企業でモバイルデバイス端末を導入する場合、しっかりとしたモバイルデバイス端末管理が必要になるのです。
モバイルデバイス端末管理のツールとして有名なのがmdmです。
mdmは提供する会社によって対応できる機種やデバイス、機能などに違いがあります。
しかし基本的なmdmの機能はどこのメーカーでもほとんど同じです。
基本的なモバイルデバイス端末管理の機能の1つが、紛失時のリモートロックです。
端末を紛失したり、盗難されたりして、手元にモバイルデバイス端末が見当たらない時には、情報漏えいを防ぐために、端末管理者が操作をロックしてしまうのです。
mdmからリモートロックをかけてしまうと、ロック画面では操作できなくなります。
またロックした画面に電話番号などを表示することもできるため、万が一紛失した時も端末が発見する可能性が高くなるのです。リモートロック

mdmとはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の管理のことであり、Mobile Device Managementの略になります。Mdmではリモート操作によって複数のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括で管理することが可能です。
企業でモバイルデバイス端末を導入するということは業務でスマートフォンやタブレット端末を使用することになります。顧客の個人情報などのデータが存在するスマートでアビス端末はきちんとした管理下で利用しなければ個人情報や企業の機密情報などが第三者に漏えいしてしまう恐れがあるのです。
万が一個人情報や企業の機密情報が漏えいしてしまった場合、企業の信用を著しく失ったり、企業の信頼に影響したりします。また金銭的にも大きなダメージを負う場合もあるため、きちんとしたセキュリティ対策を取る必要があるのです。
モバイルデバイス端末は小さく持ち運びしやすいモバイル端末になるので、紛失や盗難のリスクは誰にでもあるということを覚えておくとよいでしょう。www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末の発展で、従業員が私物のスマートデバイス端末を業務で使用する機会も増えてきています。私物のスマートデバイス端末を業務で使う場合には、様々な対応が必要になります。そこでmdmツールの出番です。Mdmはモバイルデバイス管理システムのツールであり、従業員が個別に管理しているスマートデバイス端末を一括で管理して、スマートデバイス端末に対してセキュリティを強化していくシステムになります。
取り扱う情報量が増えている現代ではこのmdmツールは必須とも言われており強固なセキュリティ対策を確保するためには欠かせません。
Mdmツールには様々な機能がありますが、セキュリティ面の機能として基本となるのがリモートロックシステムです。Mdmで最も重要な機能となってくるのが盗難、紛失への対応です。スマートデバイス端末には重要な情報がたくさん入っていて、顧客の名前、連絡先などの個人情報が含まれる場合も多いです。それらの情報を守るためにmdmツールで管理していくのです。Mobile Device Managementとは

ビジネスの効率を高めるために企業ではスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末の導入が進められています。ビジネスにおいて欠かせない存在となっているスマートデバイス端末ですが、企業で一括して導入する場合、その管理体制が重要になってきます。
スマートデバイス端末を企業で導入する上で、使用者の私的使用は重要な問題となってしまいます。業務中のネットの私的使用を抑制するためにはmdmツールでのwebサイトなどフィルタリングでブロック設定する必要があります。スマートデバイス端末のウイルス感染や不正アクセスはウェブの脅威になります。
スマートデバイスの私的利用による情報漏えいリスクが高まるのも事実であり、不適切なウェブ閲覧によって生産性が低下することも懸念材料でしょう。業務に不適切なwebサイトへの閲覧を制限する設定を行うことで、業務以外の使用をある程度制限することができます。またキャッシュや履歴など重要な情報を端末に残さないようにするための設定、管理も可能となっています。www.ascentnet.co.jp

小学校や中学校など義務教育機関でのタブレットなどのスマートデバイス端末を導入したICT教育が進んでいます。同じ教育機関でも各小学校、中学校によって使用するアプリケーションは自治体によって異なります。まりそれぞれの学校現場にあった自立したタブレット端末の運用が必要となってきます。そのためにはmdmツールを用いて一元管理できる環境を整えておくことが重要なのです。それぞれの学校現場にあった自立したタブレット運用には現場の教員の負担を減らすことが重要になりますし、スマートなICT運用をキーワードに掲げている現場も多いです。無駄な機能を生徒に使用させないようにするためにはmdmによる管理が必要でありますし、大型のタブレット導入では効率化を図るためにmdmの利用は必須となっています。Mdmと一言でいっても様々な製品があり、その機能や特徴には違いがあります。教育機関それぞれにあったmdm製品を選ぶことが重要です。参照URL